はじめまして!
「香り美人」管理人のさりーです。

今回は、ブーツを履く機会が多くなる時期には知っておきたい「足の臭いニオイを消す方法」についてのお話です。

あなたの靴やブーツの中はムレていませんか?
もしくは、足はがムレやすくないですか?

もし、足がムレやすいなら危険。
なぜなら、靴やブーツ、靴下のムレは足のニオイを臭くするからです。

例えば、冬や雨の時にブーツ、レインブーツを履いていて、脱いだときの足やブーツの中のニオイが臭くてビックリした経験ありませんか?
ありますよね!?笑
少なくとも私はあります。

足の匂いが気になって、靴を脱ぐ場所をさけたりもしていました・・・
でも、もう悩む必要はありません!

実は、この臭いニオイは、ムレが原因で雑菌が繁殖してしまったからなんです。
つまり、足の臭いニオイを消すには、雑菌を繁殖させずに清潔に保つこと。

今回は、そんな臭いニオイをはっする足のニオイを消す方法とケア方法を紹介していますので、ニオイが取れない、臭いニオイで悩んでいるという方、参考にして悩み改善の参考にしてください。

足のニオイで悩む女性

足のニオイが臭くなるのは雑菌が繁殖するからです

足のニオイを消す対策をするには、まずは、臭くなる原因を理解することです。
原因がわかれば、消す対策ができるだけでなく、ニオイが臭くなる前に予防とケアをすることができます。

ずばり、足のニオイを臭くする原因は、雑菌の繁殖。

足の裏は、エクリン腺等の汗腺が沢山あり、汗をかきやすい環境。
そのエクリン腺から汗と一緒に流れ出す古い角質や古い皮脂、汚れなどを餌として繁殖する雑菌が皮膚の常在菌に分解されることで臭いニオイを発するようになります。

エクリン腺は、全身に分布している体温を調節する働きをする汗腺のことです。

このとき、常在菌に分解されてチーズや納豆のようなニオイを発生する「イソ吉草酸」という脂肪酸の一種が臭いニオイの正体です。
また、雑菌は高温多湿の場所だと、活性化され、繁殖しやすいので、足は菌にとって最適な場所なんです。

皮膚常在菌について
健康なヒトの皮膚表面に通常に存在する菌のこと.皮膚定住菌ともよばれ,一見,清潔に見える健康な皮膚にも,われわれの目に見えない約102~107 cell/cm2の微生物が存在する.表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)をはじめとするMicrococcus属細菌やアクネ菌(Propionibacterium acnes),そして酵母の一種などが存在することが知られている.

それでは、足のムレと雑菌の繁殖を促進してしまう理由を紹介していきます。

足の裏に原因がある

足の裏のケア不足が臭いニオイを発生する要因になっている。

先ほど、古い角質や皮膚を餌に雑菌が繁殖すると説明しましたが、これは足の裏が清潔に保たれていないということです。
つまり、洗い方が不十分で足の裏が不衛生な状態になってしまっている状態。

そのため、雑菌の好きな皮脂や角質が肌に残っているため、足の裏は、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまっているんです。

爪に原因がある

実は、足の爪もニオイを臭くする原因になります。

爪の間は、垢や靴下のくず、ホコリが溜まりやすい場所。
さらに、足の裏同様に古くなった角質も溜まり、細菌がとても繁殖しやすい環境になっています。

病気に原因がある

病気が原因で菌が繁殖しやすい環境になってしまっている。

考えられる病気として、水虫、多汗症、糖尿病があります。

水虫

水虫そのものは臭いニオイはしませんが、水虫にかかっている肌表面はあれています。
つまり、荒れている皮膚は雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

多汗症

多汗症やストレスで人より汗をかきやすい状態になっている。
汗をかきやすいということは、足元がムレやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になっているということです。

多汗症には全身に汗が増加する全身性多汗症と体の一部に汗が増える局所多汗症があります。
全身性多汗症には特に原因のない原発性と感染症、内分泌代謝異常や神経疾患に合併するものがあります。
局所多汗症も原因のわからない原発性と外傷や腫瘍などの神経障害による局所性多汗症があります。
原発性局所多汗症では手のひら、足のうらや脇という限局した部位から両側に過剰な発汗を認める疾患です。

糖尿病

糖尿病などの内臓疾患は、体の免疫力が低下しているため、皮膚上の雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

病気の皮膚は雑菌が繁殖しやすく、臭いニオイの原因であるイソ吉草酸を発生しやすい環境になってしまっています。

靴下やストッキングに原因がある

雑菌は高温多湿の場所で活性化してしまいます。
靴やスットキングが菌の繁殖の手助けする要因になります。

あなたは、こんな状態になっていませんか?

  • 通気性吸湿性の悪いものを履いている。
  • 足が湿ったまま、靴下を履いている。
  • スポーツなどで汗を大量にかいた後も履き替えていない。

上記にあてはまっているあなたは危険。
菌が繁殖しやすい環境になっています。

靴やブーツに原因がある

靴やブーツ自体に菌が繁殖して臭いニオイをはっしている。
靴やブーツもも靴下同様に、雑菌の好きな高温多湿の状況をつくりやすくしている要因。

あなたは、こんな状態になっていませんか?

  • 1日中、同じ靴やブーツを履きっぱなしでムレている。
  • ゴムやビニール素材の靴で、通気性が悪くムレている。
  • 自分の足に大きさに合っていない靴を履いている。
    サイズが合わない靴を履いていると、足が緊張させてしまい、汗などの老廃物が余計に排出されます。
  • 毎日、同じ靴を履いている。

靴を1日中履きっぱなしでいたり、毎日同じ靴を履いていると、靴がムレやすく、雑菌が繁殖してしまい、靴自体が臭いニオイを発生するようになってしまいます。

足の臭いニオイを消す対策マニュアル

足の臭いニオイを消す対策で大事になるポイントが3つあります。

  • 臭いニオイの原因となる要因を取り除くこと。
  • 繁殖してしまった雑菌を除菌すること。
  • 発生してしまったニオイを消すこと。

「足のニオイが臭くなるのは雑菌が繁殖するからです」の項目で説明した臭いニオイの原因となる要因を取り除くことです。
応急処置的な予防法自宅でケアする方法の2つがあります。

外出時にできる応急処置的な予防法

ニオイを臭くしないために重要なことは、足、靴やブーツ、靴下のムレを放置しないこと。

足が臭くなる原因は、蒸れによる雑菌の繁殖。
ですので、ムレないようにすることが理想的なのですが、難しいですよね。

そこで、外でも簡単にできるムレ対策を紹介します。

ステップ1:除菌ウェットティッシュで足をキレイに拭き取る

雑菌が繁殖してしまっている可能性があるので、除菌作用のあるウェットティッシュでキレイに拭き取る。

ステップ2:デオドラントスプレー、クリームをぬる

既に発生してしまっているニオイを消すためには、デオドラントスプレーもしくは、クリームをぬってください。
ニオイを消す効果と菌が繁殖しにくいようにする殺菌効果もあります。

ちなみに、私が使っているのは、デオプラスラボプラチナムです。
足のニオイの原因であるイソ吉草酸と除菌、消臭してくれて、効果の即効性もあるので愛用しています。

デオプラスラボプラチナム

ステップ3:靴下、ストッキングを履き替える

せっかくステップ1とステップ2をしても、ムレて菌が繁殖してしまっている同じ靴下やストッキングを履いてしまっては意味がありません。
常に予備の靴下やストッキングを持ち歩くようにしておきましょう。

オフィスにいるときは、サンダルなどに履き替えて、ムレにくい環境を保ってください。

また、この紹介している方法は、トイレ(お化粧室)で簡単にできるので、靴やブーツを脱ぐ予定のあるときは、応急処置としてムレ対策をしておくことがおすすめ。

ここで管理人のさりーがおすすめする簡単に自作できる消臭、除菌効果のあるミョウバン水スプレーを紹介しておきます。

このスプレーは、ドラッグストアーなどで購入できるミョウバンを水に溶かしただけのミョウバン水です。
ミョウバン水には、殺菌作用、制汗作用、収斂作用、アンモニア臭を中和する働きがあるのでおすすめです。

自宅でケアする方法

足裏ケアの基本は、しっかり洗って除菌すること、雑菌が繁殖するための餌を取り除くことの2つ。

しっかり洗って除菌する

足を清潔に保つことで、菌の繁殖を防ぐことができ、臭いニオイを解消してくれるので、お風呂に入る時は入念に足裏のケアを行ってください。

特に、指と指の間は洗いもれが多く、臭いニオイを発生しやすい場所なので、しっかり洗い流すことがポイント。
また、、なかなか臭いニオイが取れないという方は、重曹を使って洗うことがおすすめ。

重曹洗いは、洗面器いっぱいにぬるま湯を入れ、大さじ2~3杯の重曹を入れて溶かし、そのお湯に10~20分ほど足を浸すだけの方法です。
これは、重曹を溶かした湯は弱アルカリ性で、臭い足のニオイのもとである「イソ吉草酸」が弱酸性なので、重曹湯に足を浸すことで足洗いでは落としきれなかった原因成分を中和することができます。

古い角質を除去する

古い角質は菌の餌になり、繁殖を手助けしてしまいます。
ですので、普段から古い角質の除去をして、足裏をケアしてください。

特に、かかとは角質が層になりやすく、ケアが大変な場所です。

足裏の角質を除去する方法は、削る、はがす、磨くの3つの方法があります。

  • 削る:物理的にヤスリなどを使って角質を削る方法
  • はがす:ピーリング剤などの薬剤を使って古い角質を剥がす方法
  • 磨く:スクラブ入のクリームで皮膚をマッサージして、肌表面を磨く方法

それぞれの方法にメリットとデメリットがあるので、自分にあった方法をケアをしてください。

足の爪の間をケアする

爪の間は、垢や靴下のくず、ホコリや角質など、菌の餌が溜まりやすく、繁殖しやすい場所。
ですので、足裏同様にしっかりケアをして清潔に保つ必要がります。

爪の間のケア方法は、歯ブラシでブラッシングする方法がおすすめ。

方法は簡単。
準備するのは、新しい歯先が柔らかい歯ブラシと石鹸です。

  • ステップ1:お湯に足をつけて、皮膚を柔らかくする
    お湯に浸かることで、皮膚が柔らかくなり、角質などの汚れが落としやすくなります。
  • ステップ2:歯ブラシでブラッシングする
    歯ブラシに石鹸の泡を付けて、爪の間やまわりを撫でるように優しくブラッシングする。

また、ブラッシング以外にも、爪を短く整えることも大事になります。
女性は、オシャレもあるので、短くしすぎるのは難しいと思いますが、夏のサンダルを履く時期と異なり、冬はブーツを履くことが多く、足を露出することが少ないので、しっかり短く整えておくことで、爪の間を清潔に保つことができます。

靴、ブーツの湿気を取り除き、清潔に保つ

靴やブーツの中は、雑菌が繁殖しやすく、臭いニオイが残りやすい場所。
ですので、風通しの良い場所に置いて、ついてしまった臭いニオイを放出させるとことしっかり乾燥させて雑菌の繁殖を防ぐことが大事になります。

また、毎日同じ靴を履くのは避けるなどして、湿った状態の靴を履かないことも雑菌を繁殖させないためのポイントになります。
除菌、消臭スプレーを1本もっていると便利かもしれませんね。

まとめ。足の臭いニオイ対策はこまめにケアすること

いかがでしたか。
足の臭いニオイは、こまめに足をケアすることで防ぐことができ、消すこともできます。

脇の下、デリケートゾーンなどと違って、遺伝、体質的な体臭ではありません。
ですので、こまめに足裏や爪を清潔に保つことを意識することで解消できます。

また、多汗症や水虫などの病気で悩んでいる場合は、早めに、皮膚科などの専門医師に相談することです。